2009年04月15日

本当にあったアルバイト大阪の話

小学校の頃の話です。
学校の近くに木造の古い小屋が一つぽつんとあって、どこもそんな感じだと思うけど、男の間ではその小屋に行ってくるっていうのが「勇気のある奴」のステータスみたいな感じになってた。
俺は実はまだ行った事なかったんだけど、Oって奴とUって奴が二人で「行こう」って言いはじめて「俺はもう行ったからお前ら行ってこいよ」ってずっと断ってたんだ。
でも結局ビビりとか言われて、段々ごまかしきれなくなって、結局小屋の前まで付き合うことになった。
小屋の前まで来て中に入ろうとしない俺を説得しようと、OとUが粘ってるうちに時間もちょっと遅くなって、日も暮れようとしてた。
ようやく諦めた二人が小屋に入った途端、Oのすごい叫び声が聞こえたんだ。

「お母さん!!」って。

呆然としてる俺の前にUが「Oのおかんが死んでる!」って叫びながら駆け寄ってきた。
それからしばらくは、小さい街だったから凄い騒ぎになったんだけど、Oはその日から学校来なくなって、結局一度も顔出さないまま転校していった。
その事件から数年経って、俺も子供だったしその事を忘れかけてたある日、学校に行ってみたらまだ同じクラスだったSがなんか元気なかったのよ。
昨日までいつも通りで全然元気だったから理由が分からなくて「どうした?」って聞いたんだけどなかなか理由を教えてくれない。
その日一日しつこく聞き続けてたら、帰り道の途中でやっと「あの小屋にまた行ったんだ」って教えてくれたんだ。
一瞬何の事かわからなかったけど、やっと「Uと行ったあの小屋」のことだって思い出した。
それで恐る恐る「Oのおかんの幽霊でも出たのか?」って聞いた。でも「そんなのいねーよ」って。
Sが言ったのは一言だけです。

「扉開けたら中にすげー声でアルバイト 大阪って叫んでるOがいた」って。
posted by ヴぃヴぃあ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。